Blu-ray&DVDコレクターズ・エディションに追加特典映像が決定!

6月4日発売Blu-ray&DVDコレクターズ・エディションの特典映像に、主演/共同プロデューサーを務めた水嶋ヒロ、監督・大谷健太郎、プロデューサー・松橋真三プロデューサーの3者による全編撮りおろしのビジュアルコメンタリー収録が決定しました!

映画の初日舞台あいさつ以来の再会となった3者が、改めて撮影当時を振り返りながら映画の見どころやここでしか聞けない裏話を語り尽くした、ファン必見のマニアックな特典映像となっています!

コレクターズ・エディションはBlu-ray&DVDどちらも完全数量限定生産となります!

 詳細はこちら→ http://avex.jp/kuroshituji/

10341509_449927165110247_4356423455883636733_n

 

映画『黒執事』、海外配給続々決定!映画祭にも出品!

このたび、映画『黒執事』が海外でも劇場公開が決定いたしました!
現在決まっている国と地域は以下のとおりです。
※シンガポール(2014/4/17公開決定)
※インドネシア(2014/5/7 公開決定)
※香港(近日公開予定)
※台湾(近日公開予定)

またこちらの映画祭にも出品が決定しております!
※ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(2014/4/8-20)
※トロント日本映画祭(2014/6/12-27)

なお、海外で実施されるプレミア試写会や映画祭等でのキャスト・スタッフの登壇は今のところ予定はございません。あらかじめご了承ください。

映画『黒執事』ブルーレイ&DVD、6/4(水)セル・レンタル同時リリース決定!

水嶋ヒロ主演の映画『黒執事』のブルーレイ&DVDが、早くも6/4(水)セル・レンタル同時リリースされることが決定しました!

セルのコレクターズ・エディションにはメイキング映像や舞台挨拶集など、貴重な映像が多数収録され、スペシャルパッケージには写真満載のブックレットや実際に撮影現場で使用された絵コンテレプリカなどが封入された、超豪華仕様になっております!



ブルーレイ&DVDの詳細はこちらから↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/kuroshitsuji-movie/

栗原類が劇中衣装で登場! 〈映画『黒執事』の世界〉開催記念 スペシャル・トークイベント

公開記念・タワーレコード渋谷店「SpaceHACHIKAI」〈映画『黒執事』の世界〉開催記念 スペシャル・トークイベントに、栗原類さんと松橋真三プロデューサーが登壇しました!

トークイベントに登壇した栗原さん
衣装展にちなみ、実際に映画で着用した葬儀屋ジェイの煌びやかな衣装で登場した栗原さん。本作のプロデューサーである松橋氏とともに、衣装と映画の世界観についておおいに語っていただきました。

その後、“タロットカード怪死事件”の謎を解いていくという映画のストーリーにちなみ、栗原さんが得意のタロットカードを披露。

「ボクの占いは、ネガティブなことしか当たらないんです」と語る栗原さんが、松橋氏の半年後の仕事運を占ったところ、「6月に“何か”が起こります」と意味深な結果に。

さらに今回、特別に映画「黒執事」VISUAL BOOK』(ISBN-10: 4757541953)を購入された方から抽選で選ばれた1名の方も、栗原さんによるタロットカード占いを体験。会場には約100人のファンの方にお集まりいただき、立ち見も出るほど!大盛況のイベントとなりました。


◆映画の衣装を実際に着られて、いかがですか?また、松橋さんは、衣装を着た栗原さんを見てどのような印象を持ちましたか?
(栗原さん)異色なんですが、僕の憧れという感じの服です。改めて着てみると、素材やデザイン性が着れば着るほどわかってきて、同時に映画でも『黒執事』の世界観とマッチしているなと感じました。
(松橋P)スタッフ一同で『黒執事』の世界に最もふさわしい若手役者って誰だろうという話になった際に、栗原さんでは、という意見が若い女性スタッフから沢山出ました。この帽子なんかもすべて手作りなんですが、実は、これらの衣装には栗原さんの意見がたくさん入っているんですよ。
(栗原さん)衣装選びの時に、衣装スタッフとキャストの皆さんと、例えばヒールのかかとの高さや服の袖の部分などを話し合いながら決めてゆくことができました。


◆栗原さんは『黒執事』の原作も好きだとお伺いしましたが?
(栗原さん)撮影の前に、原作の漫画とアニメも観て、原作の世界観やキャラクター一人ひとりの関係性などを、自分で考えたことをメモ書きして今回の撮影に臨みました。
(松橋P)現在、8Fの「SpaceHACHIKAI」で行われている衣装展では、日本人だけでなく外国人の方も来てくださっていて、展示物の数々に「Amazing!」との声があがっているとのことです。また、中国のエンターテイメント雑誌では8ページも『黒執事』を特集してもらっています。世界中で『黒執事』が注目されているようです。
(栗原さん)是非、この作品は日本だけに限らず全世界で色々なところで公開してほしいです。この映画は撮り方や魅せ方がアバンギャルドな感じで、邦画がやるようなカメラワークや音楽とはまた違ったアプローチがされていると思います。音楽とカメラワーク全てがシンクロしているので、何度も観て欲しい作品です。


◆お二人から見て、他の出演者の衣装で印象に残っているものはありますか?栗原さんは、ファッションモデルの目から見て、一番の着こなし上手は誰でしたか?
(栗原さん)あくまで個人の意見ですが、やっぱりセバスチャン役の水嶋さんです。水嶋さんの役作りの中でまばたきをしないというところもそうですが、衣装だけではなく仕草やメイクなど、すべてをご自分のものにしていました。水嶋さんだからこそセバスチャンが出来たんだと思います。
(松橋P)水嶋さんの着ていた衣装をチェックしてもらうとわかりますが、背が高いのに細い、それでいてあの衣装でアクションをやっています。アクションだけ衣装を変えていて、何着も用意していました。


ここで、“タロットカード怪死事件”の謎を解いていくという映画のストーリーにちなみ、栗原さんが得意のタロットカードを披露。「ボクの占いは、ネガティブなことしか当たらないんです」と語る栗原さんが、「24年間おみくじで大吉しかひいたことがない」と自負する松橋氏の半年後の仕事運を占いました。


◆松橋Pを占う
(栗原さん)半年後の仕事運。次の作品が挑戦になります。すごく話し合いが必要になると思います。行き当たりばったりなところもありますが、成功する確率もあります。ただ注意してほしいのは、悪魔のカードが出ている6月に“何か”が起こります。ただ、慎重に行えば免れると思います。直近で、個性的な女性の方と一緒に仕事すると思いますが、そちらをまずはメインに手掛けることになると思います。
(松橋P)ちょうど昨日、3月に撮影があるという、女性が主役のお話をいただいたところでした。6月も持ち前の強運で乗り切りますね!



さらに今回、特別に『黒執事』ビジュアルブックを購入された方から抽選で選ばれた1名の方も、栗原さんによるタロットカード占いを体験!


◆当選した一般の方1名を占う
(栗原さん)半年後の仕事運ですが、努力は実ります。ただ、最初の3ケ月は試練になりそうですが、自分のペースで焦らず進めれば、厳しい時や苦しい時は無事に乗り越えることが出来ると思います。そして、4月には自分のやってきたことが上司など周りの人から評価され始めて、6月には自分の立ち位置がココということを記すことが出来ます。
(一般女性)ネガティブな意見を言われなくてとてもうれしいです。ありがとうございました。


◆最後に、来場しているお客様に一言
(栗原さん)この作品は日本人好みでわかりやすく、キャラクターは思い出に残りやすくて、ストーリーも最初から最後までドキドキします。一度に限らず、『黒執事』は何度も観て欲しいです。ありがとうございました。
(松橋P)渾身の思いでスタッフ・キャスト一同で作りました。栗原さんに占ってもらったタロットカードの世界観がぴったりだと思います。「面白いな」と思ったら観て欲しいし、既に観た方は何度でも観ていただける作品だと思っていますので、今後とも応援のほどよろしくお願いします。


【タワーレコード渋谷店「SpaceHACHIKAI」〈映画『黒執事』の世界〉】
■ 開催期間: 2014年1月18日(土)~2014年2月2日(日) 11:00~21:00
■ 開催場所: タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」(渋谷区神南1-22-14)
■ 入場料: 500円(税込)※小学生以下無料
 チケットは1月10日(金)よりタワーレコード渋谷店にて発売中
■ 内容:
・映画『黒執事』名シーンのパネル展示
・映画『黒執事』で使用した衣装・小道具の展示
・水嶋ヒロさんからのビデオメッセージ、出演者インタビュー映像、ジャパンプレミアオフィシャル映像、告知用トレーラー、映画冒頭部分の上映


※入場時、チケット1枚につき1枚、会場内で行う謎解きイベントの招待状を先着でプレゼント!さらにそのイベントで謎を解いたお客様には、作品名シーンの写真10種の内から1枚をランダムで差し上げます。※数に限りがございます。無くなり次第終了とさせていただきます
※渋谷パルコPart1 7Fコラボキッチンにオープンする「映画「黒執事」×collabo kitchen」にてお食事された方に配布される特典引換券をお持ちいただくと、入場時に先着で作品名シーンの写真をランダムで1枚差し上げます
※チケットの半券を「映画「黒執事」×collabo kitchen」にお持ちいただくと、セイロンティーまたはソフトドリンクをサービス(お食事をされた方のみ)

▼タワーレコード渋谷店

 

1/26(日)栗原類が役衣装でタワーレコード渋谷店に登場!

news0121公開記念 ・タワーレコード渋谷店「SpaceHACHIKAI」〈映画『黒執事』の世界〉開催記念 栗原類/松橋真三プロデューサースペシャル・トークイベントを開催します!

■出演:栗原類/松橋真三プロデューサー
■開催日時:2014年1月26日(日曜日) 16:30 start  観覧フリー
■開催場所:タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」 
■内容:トーク+抽選会
■対象商品 1/18(土)発売『映画「黒執事」VISUAL BOOK』(ISBN-10: 4757541953) 1,500円<税込>
■対象店舗:タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」
■参加方法:観覧(入場)フリー

タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」にて開催中の〈映画『黒執事』の世界〉(入場料¥500)会場内にて、上記対象商品をお買い上げの方に、先着で「抽選会参加券」を 配布致します。トーク終了後、「抽選会参加券」をお持ちのお客様は、抽選会にご参加いただけます。 抽選会にて当選されたお客様に、水嶋ヒロ・剛力彩芽・優香・山本美月・大谷健太郎監督のサイン入り映画ポスター、または、栗原類サイン入り『映画「黒執事」VISUAL BOOK』カバーをプレゼント致します。

※当日、イベントは観覧(入場)フリーとなります。 ※イベント開始30分前に1F階段前にご集合ください。なお、集合時間前の集合はご遠慮ください。 ※「抽選会参加券」をお持ちの方には、イベント入場時B1F受付にて抽選券を配布致します。 ※抽選会当選者へのプレゼントは、スタッフからお渡しさせて頂きます。

■注意事項:
※入場券は特にございません。入場の際は、必ずスタッフの指示に従ってください。スタッフの指示に従っていただけない場合、イベントへのご参加をお断りすることがございます。
※定員に達した場合、入場をお断りさせていただく場合もございます。予めご了承下さい。
※イベント対象商品は、不良品以外での返品をお断りしております。
※都合によりイベントの内容変更や中止がある場合がございます。予めご了承ください。
※イベント中はいかなる機材においても録音/録画/撮 影は禁止となっております。
※会場内のコインロッカー(1回300円)は30個です。予めご了承下さい。
※都合によりイベントの内容変更や中止がある場合がございます。予めご了承ください。
【お問い合わせ】タワーレコード渋谷店 : 03-3496-3661

▼タワーレコード渋谷店

水嶋ヒロ おとこ泣き!! キャスト全員 涙の初日舞台挨拶

1月18日(土)に新宿ピカデリーにて主演の水嶋ヒロさん、剛力彩芽さん、優香さん、山本美月さん、大谷健太郎監督が一堂に会して初日舞台挨拶を行いました。

★AAA1734

映画『黒執事』がいよいよ公開となり、初日初回の上映には約600名のファンがかけつけました。上映終了後には舞台挨拶を実施し、水嶋ヒロさん、剛力彩芽さん、優香さん、山本美月さん、大谷健太郎監督が舞台に登壇。満員の観客を前に、感無量の表情を浮かべた水嶋さんは「公開初日を迎えて皆さんの想いを目の当たりにして胸がいっぱいになり、やってきたことが間違ってなかったと思いました」と挨拶。剛力さんも「やっと皆さんの手に渡ったことが本当に嬉しいです」とコメントし、優香さんは「嬉しいの一言です。一回だけではなく何回も観ていただきたいなと思います」と喜びを語りました。山本さんは「“今日、公開なんだ”と思うと朝からずっと考えていて、大好きな作品ということもあり一生懸命やらせていただいて、今こうして皆さんの前に立ったら、嬉しくて・・・」と、あふれる涙を抑えきれませんでした。大谷監督は「今日この日を迎えて、ようやく、お客さんの手に渡ったわけですが・・・大丈夫でしたか?楽しんでいただける作品になっていましたか?」と観客に問いかけると、客席からは盛大な拍手とともに「大丈夫!」の声があがりました。

それぞれの挨拶が済んだ後、今までみんなを引っ張ってきた水嶋さんをねぎらって、女優陣3名から水嶋さんへサプライズのプレゼントとして、それぞれ花束を贈りました。青い花束をプレゼントすると、剛力さんは「水嶋さんの復帰作ということを知って、その相手役として出るにはどうしたらいいだろうと不安を持っていました。ただ、水嶋さんにお会いしたらそういう不安は関係なく、お芝居を一生懸命にやって楽しむことがすごく大切なんだなと改めて感じさせていただきました」と撮影当時の思い出を、感極まった様子で涙ながらに語りました。次いで「私は絶対泣きません!」と宣言し赤い花束を渡した優香さんも「こ水嶋さんの持っている繊細さや眼の奥にすんだ純粋さなど、以前から伝わっていましたが、お会いしたら余計に感じました。“この人のために支えてあげたい”と思いました。世界中の男性が全員、水嶋さんだったらいいのに」と涙で言葉をつまらせました。ピンクの花束を渡した山本さんは「泣いてばかりでごめんなさい…。ありがとう、という言葉だけじゃ伝えきれないぐらい、感謝の気持ちでいっぱいです」とさらに目を潤ませました。大谷監督も「水嶋さんは絶対にスクリーンのど真ん中で輝かなければならない人。水嶋さんとまた一緒にお仕事がしたい。そしてその仕事は、『黒執事』の続編以外に考えられない」と熱い気持ちとともに、水嶋さんをねぎらいました。
これを受けた水嶋さんの目にも涙が!「今自分が地球上で一番幸せな人なんじゃないかと思うくらい幸福の色でいっぱいです」と語り、両手いっぱいの花束を静かに抱きしめ、会場全体が、涙と感動に包まれました。


◆初日を迎えて
(水嶋)「作る当初の目標にしていたのは、携わるスタッフ・キャスト、皆にとって、とてもいい作品として思い出に残って欲しい、その一心で良い作品を作ろうと頑張ってきました。公開初日を迎えてこの場に立たせていただき、皆さんの想いを目の当たりにして胸がいっぱいになり、やってきたことが間違ってなかったと思いました。この場にはいないですが、僕をこの世界にカムバックさせてくれた松橋プロデューサーに感謝しなければいけないと思っています。この場を借りて、松橋さんにありがとうございましたと言いたいです」

満場の観客を前に、真っ先に涙を流した山本さんの様子に、水嶋さん、剛力さん、優香さん、監督の目にも熱いものがこみ上げる中、今までみんなを引っ張ってきた水嶋さんをねぎらって、女優陣3名から水嶋さんへサプライズのプレゼントとして、それぞれ花束を贈りました。

 

◆サプライズ花束の贈呈
(剛力)「本当にありがとうございました。感謝の言葉を伝えても伝えきれません。一番最初に話を聞いた時に、水嶋さんの復帰作ということを知っていて、その相手役として出るにはどうしたらいいだろうと不安を持っていました。ただ、水嶋さんにお会いしたらそういう不安は関係なく、お芝居を一生懸命にやって楽しむことがすごく大切なんだなと改めて感じさせていただきました。人としても、とても勉強させていただきましたので、『黒執事』で水嶋さんにお会いできて嬉しかったです。また、水嶋さんとご一緒出来る機会がありましたらぜひよろしくお願いします。
(優香)「私も不安でしたが、水嶋さんの持っている繊細さや、眼の奥にある、澄んだ純粋さなど、以前から伝わっていましたが、お会いしたら余計にそれを感じました。“この人のために支えてあげたい”と思いました。自分が初めての役で大変だと思っていたことがちっぽけに思えるくらいです。皆がそういう想いを持つくらい、水嶋ヒロさんという存在は人として役者として素晴らしく尊敬も出来ます。私達が不安がってる時も声もかけてくれて、プロデューサーとしても周りも見ていて主演として引っ張ってくれました。世界中の男性が全員、水嶋さんだったらいいのに、と思うくらいです。私は年上なのにたくさんのことを学ばせていただきました。またいつかお仕事でこうやって支えさせてください」
(山本)「泣いてばっかりでごめんなさい…。私も最初は不安がいっぱいで、原作の大ファンだからこそプレッシャーがありました。初日からとても重たいシーンで、そのシーンが終わった後、水嶋さんが同じで立場に立ってすごく褒めてくれました。それで、すごく落ち着いて、まっすぐ役のことだけを考えて不安な気持ちを取り除いてくれたので、『黒執事』の父親のような存在でした。ありがとう、という言葉だけじゃ伝えきれないぐらい、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。」
(大谷監督)「『黒執事』という作品と水嶋さんが出会わなければ今日この場に立っていないです。生半可な気持ちではなくて、自分の人生のすべてをかけて一本の映画に情熱を注ぐ姿勢は僕も見習わなければいけないものでした。改めて、彼の素晴らしさ・存在の大切さに気づきました。彼はスクリーンで輝いていなければいけない人だと思います。僕はもう一回彼と仕事をしたいです。きっとそれは『黒執事』の続編でありたいと思います。応援してください」
(水嶋)「感謝の気持ちで胸がいっぱいです。もともと皆さんが出演してくださるということを聞いただけで十分すぎるくらいうれしく光栄なことだと思っていました。こうして一緒に仕事をしてこのような言葉をいただいて、今自分が地球上で一番幸せな人なんじゃないかと思うくらい幸福の色でいっぱいです。とにかく頼りない主役だったと思います。でも、皆さんに支えられたと思っています。この場に立っているのも自分1人ではどうしようも出来ないところです。この感謝の気持ちを忘れずに、これからも人と向き合っていくことを常に持ち続けて、出来ることなら皆さんに現場がより一層記憶に残るものになってほしいので、僕は微力ながらもここからこの映画が大きく拡がっていくよう、努めていきたいと思います」


◆これから映画をご覧になる方へメッセージ
(水嶋)「とにかく良い作品を作りたい一心で頑張ってきました。“原作に対するリスペクトがないんじゃないか”という声もありますが、こうして『黒執事』という題材で映画を作ることが出来たのは、原作があって原作ファンが支えてそれがアニメ化し、それでさらにファンが拡がったことで実写化が実現出来てるという、みなさんが作った土台に対する思いは一瞬足りとも忘れたことはありません。キャスト・スタッフも一丸となって常にその想いを胸にとどめながら、地道に自分たちがその時に出来る最高の仕事をしようとやってきた作品が『黒執事』です。僕らの想いが少しでも原作ファンや原作のファンで無い方にも伝わればなと願っています。ここからはみなさんに『黒執事』を託しましたので、この大事な作品をどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました」

映画「黒執事」×collabo kitchenに華恵をイメージしたメニューが登場!

渋谷パルコPart1 7Fのコンセプチュアル・レストラン「collabo kitchen」では、店内装飾が「黒執事」一色になるカフェを展開中です!好評につき、華恵をイメージした新メニューが登場しました!
1月31日まで展開していますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください!

news0120華恵のローズベリーケーキ
ブルーベリーケーキにストロベリーソースを添えた一品。
赤い薔薇(食用)は華恵の“艶やか”“大人の女性”をイメージ。
ローズヒップティーとともにお召し上がりください。
単品680yen(税込) ドリンクセット980yen(税込)
※ドリンクはソフトドリンクからもお選び頂けます。

ローズヒップティー
薔薇のはなびらが入ったローズヒップティー。
ローズヒップティーにはビタミンC が多く含まれており、
肌の新陳代謝促進、美肌・美白効果に良いとされています。
450yen(税込)

▼詳細はこちら

コロナの公式webshopより「ナノリフレ」ご購入のお客様全員にプレゼント!

コロナの世界初のナチュラルクラスター技術を用いて、髪やお肌に自然の潤いを届ける美容機器、「ナノリフレ」。
映画黒執事公開を記念しまして、コロナの公式webshopより「ナノリフレ」をお買上げいただいたお客様に、プレゼントを差し上げます。

コロナHP用イメージ元画像

【キャンペーン概要】
コロナ公式webshopより「ナノリフレ」を購入された方を対象

・購入者全員プレゼント
イギリス老舗の陶磁器ブランド「エインズレイ」のティーカップセット

・さらに、抽選で30名様にプレゼント
映画「黒執事」オリジナルTシャツ&山本美月さんサイン入りプレス(非売品)

※当選結果は発送をもってかえさせていただきます

【キャンペーン期間】
キャンペーン締切:~1月31日(金)

ナノリフレHP: http://www.corona.co.jp/aqua-air/nanorefre/
コロナwebshop: http://www2.enekoshop.jp/shop/corona/

映画「黒執事」VISUAL BOOKが1月18日より発売!

news01161月18日の映画公開にあわせ、全国の書店ほか、映画公開劇場の一部売店にて、『映画「黒執事」VISUAL BOOK』の発売が決定!
100カット以上に及ぶ劇中写真を中心に映画「黒執事」の魅力を余すことなく収録。水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月の撮り下ろしグラビア+ロングインタビュー、総勢12名の豪華キャストコメント、大谷健太郎監督、さとうけいいち監督、松橋真三プロデューサーほか、スタッフインタビューも充実した、唯一の公式写真集+FANBOOKです!

映画「黒執事」VISUAL BOOK
スクウェア・エニックス刊/1,429円+税/オールカラー96ペー
全国の書店ほか、映画公開劇場の一部売店にて発売!

映画と同じ食器で楽しむティーセット― 最高のスウィーツを、最高のおもてなしで―

news115本作ではゴシック調の荘厳な世界観を体現するために、ウェッジウッド社にテーブルウェアをご提供いただきました。清玄が目覚めの紅茶を飲むシーンや、幻蜂家での食事シーン、庭園での優雅なティータイムなど、ウェッジウッド社のテーブルウェアが登場する場面が数多く盛り込まれ、ゴージャスでエレガントなテーブルウェアが作品を盛り上げます。
この度、映画の公開を記念して、本作の世界観を表現したオリジナルメニューを、映画で使用されている「フロレンティーンターコイズ」のプレートとティーカップ&ソーサでお楽しみいただけるメニューが登場!
紅茶は、紅茶通に人気が高い「ウェッジウッドティー」から、イングリッシュ アフタヌーン ティーをセットしました。

映画と同じ食器で楽しむ ウェッジウッド ティーセット 
1,365円(税込)

・キャンペーン期間:2014年1月14日 から 2月14日まで
・キャンペーン実施店舗:
「ア・ラ・カンパーニュ」
名古屋三越店、三宮店、大阪茶屋町店、心斎橋店、博多店、福岡三越店

▼詳細はこちら

【デザイン発表・第3弾!】ローソン/Loppi限定 オリジナルカレンダー 

本作のオリジナルカレンダー付前売券は、1月17日(金)までの期間限定で、全国のLoppiが設置されているローソン・ミニストップにて発売中です。デザイン発表の最後となる今回は、11月から裏表紙までのデザインをご紹介致します。
news0115
映画のカットと原作イラストを使用したこのオリジナルカレンダーは、本作公開を記念した限定商品です。是非、この機会をお見逃し無く!
本商品に関して詳しくは、「ローチケ.com」か店内設置の「LoppiGOODSカタログ」をご覧ください。

■Loppi限定 オリジナルカレンダー(引換券)付前売券
・価格:2,800円(税込) ※一般前売券とセットになります。
・Loppiにてお申込み後、レジにてすぐに「前売券」が受取り可能です。
・「オリジナルカレンダー」は2014年2月18日に引換えになります。
・4月スタートのカレンダーになります。

▼ ローチケ.com

アトレ秋葉原で素敵なプレゼントが当たるチャンス!

公開を記念して、アトレ秋葉原をご利用いただいたお客様に嬉しいプレゼント!
期間中、アトレ秋葉原1・2で3,000円(税込)以上お買上げいただいたお客様に抽選で
 ● A 水嶋ヒロ他キャストサイン入りプレス 5名様
 ● B 原作者 枢やな サイン入りポスター  5名様
プレゼント!!
応募は、館内応募BOXに設置の応募用紙に必要事項を記入し、裏面にお買上げレシートを添付の上、応募BOXへご投函ください。

【応募期間】
1月14日(火)~1月31日(金)
【応募BOX設置場所】
アトレ1 1F~3Fエレベーター横
アトレ2 2Fエレベーターホール

▼詳細はこちら
news0114

公開を記念した初のコラボ 「黒執事」記念乗車券を西武線5駅にて限定発売!

本作公開を記念し、西武鉄道株式会社から「黒執事」記念乗車券を池袋・練馬・石神井公園・所沢・西武新宿の5駅にて1月15日(水)から4,000セット限定で発売することが決定しました。

image003

19世紀英国貴族社会をイメージした舞踏会の招待状仕立ての「黒執事」記念乗車券セット
©Yana Toboso/SQUARE ENIX

 

この乗車券は、原作「黒執事」の著者である枢やなのデビュー10周年を記念して開催される「黒執事原画展 ~枢やなの世界~」(東京会場:西武池袋本店、開催期間:1月15日(水)~1月22日(水))に合わせて発売するもので、「黒執事」の世界観を感じていただけるよう、原作の舞台である19世紀英国貴族社会をイメージし、舞踏会の招待状仕立ての豪華仕様にて制作されたました。封筒の中には、「ファントムハイヴ家執事 セバスチャン・ミカエリス」からのメッセージが綴られたカードのほか、オリジナルサイズの乗車券4枚(硬券1枚・軟券3枚)がセットされています。「黒執事」としては、“初”のコラボ乗車券発売となります。

 

◆「黒執事」記念乗車券について
【発売日】2014年1月15日(水)午前5時~(なくなり次第発売終了)
【発売場所】池袋駅・練馬駅・石神井公園駅・所沢駅・西武新宿駅
【発売金額】1セット1,000円
【有効期間】2014年3月31日(月)まで。各券片につき片道1回に限り有効
【その他】封筒にもメッセージカードおよび硬券式乗車券1枚と軟券式乗車券3枚(いずれのサイズも横145mm×縦65mm)をセットしたオリジナル乗車券セット
【乗車券(大人券のみ)】池袋駅から330円区間、石神井公園駅から200円区間、所沢駅から330円区間、西武新宿駅から140円区間

○お客さまのお問合せ先
西武鉄道お客さまセンター TEL.(04)2996-2888
営業時間:平 日9:00~19:00  土休日9:00~17:00
※ 音声ガイダンスのご案内により操作してください

 

デビュー10周年記念「黒執事原画展~枢やなの世界~」
2014年1月15日(水)から22日(水)まで、「黒執事原画展~枢やなの世界~」を西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリーにて開催されます。 「黒執事」をはじめ、枢やな先生の繊細で美麗な表現は、日本のみならず世界中の人々を魅了。デビュー以来初の展覧会となる同展では、肉筆画が200点以上、デジタル導入後の作品が100点以上が展示されるほか、未公開の資料、原画も多数展示され、その圧倒的な世界観を実際に見ることができる予定です!

news1101

【会 場】 西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー 
【会 期】 2014年1月15日(水)~22日(水) 
【開場時間】 午前10時~午後9時 ※ご入場は閉場の30分前まで。
※2014年1月19日(日)は午後8時閉場

■主 催 : 「黒執事原画展」実行委員会 
■共 催 : ㈱文化放送/㈱トラフィックプロモーション/㈱リブロ 
■協 力 : 枢やな/㈱スクウェア・エニックス
■入場料   一般:700円 大学生・高校生:500円 中学生:300円 (小学生以下無料) ※「クラブ・オン」「ミレニアム」カード会員のお客さまは、カードの提示で500円(ご優待料金にてご入場いただけます。) 
■お問い合わせ リブロ池袋本店 03(5949)2910(代表) 
※開催内容が変更となる場合がございます。

【展示内容】 ※展示内容が変更になる場合がございます 
■黒執事コーナー・・・カラー扉やコミックの原画、原稿が200点以上展示 
■枢やな先生製作室コーナー・・・先生の使用する画材やラフ画、製作過程の資料展示 
■枢やな先生過去作品コーナー・・・「Rust Blaster」など枢先生の過去作品の原画展示 
■限定ショップ・・・オリジナル版画やオリジナルグッズの販売

>>最新情報は随時、原画展公式サイトにて公開:kuroshitsuji.gengaten.com

 

水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月ら豪華キャストが勢揃い!渋谷公会堂にてジャパンプレミア実施!

1月18日の全国公開を目前に、昨日1月9日(木)渋谷公会堂にてジャパンプレミアを実施いたしました。
水嶋ヒロさん、剛力彩芽さん、優香さん、山本美月さんのおなじみのキャスト面々に、新たに丸山智己さん、大野拓朗さん、栗原類さん、伊武雅刀さんが加わり、『黒執事』ならではの豪華キャストが集結しました。
オープニングでは英国から来日した“虹色の歌声を持つ歌姫”ガブリエル・アプリン(21)が登場し、主題歌である「Through the ages」を熱唱。天使のような美しい歌声で会場を包んだのち、豪華キャストが客席側よりサプライズ登場しました。華やかな衣装に身を包んだキャストの登場により、集まった1200名の『黒執事』ファンからは熱狂的な歓声が飛び交いました。ゲストトークでは新年最初のイベントにちなみ、それぞれに今年の抱負を語っていただきました。

軽_CCC2621

水嶋さんは「あけましておめでとうございます。いよいよ映画『黒執事』が公開となります。無事にこの日を迎えられてとっても嬉しいです。今日はいい時間にしましょう」、剛力さんは「本日は寒い中お集まりいただきありがとうございます。公開までもう少しですが、今日は皆さんにこんなに多く集まっていただき嬉しいですし、短い時間ですが、素敵な時間にできたらと思っています」、優香さんは「こんばんわ。こんなに多く集まっていただきありがとうございます。今日は楽しんでいってください」、山本さんは「こんなに多くの人がいると思っていなかったので圧倒されています。今日は一緒に楽しめたらいいなと思っています」、丸山さんは「多くの人に集まっていただき、本当に素晴らしいスタートになりそうな予感がしています。皆さん、心ゆくまで楽しんでいってください」、大野さんは「今日は最高のおもてなしとミステリーを楽しんでいってください」、栗原さんは「寒い中、こんなに多くの方々に集まっていただきありがとうございます。時間は短いですがこの映画の魅力を色々と話していきたいです」、伊武さんは「ようこそこの寒い中集まっていただきありがとうございます。これは本当に面白いです。これは間違いなく続編が…と言いたいのですが、ご覧になっていただければわかるのですが私には出る資格がないんです(笑)」、大谷監督は「公開を間近に控えてこのようなお披露目のイベントに集まっていただき、感無量です。3年ぶりに復帰する水嶋さんをはじめ、素晴らしいキャストに恵まれて本当におもてなしエンターテイメント作品になったと思います。今日はおもてなされて帰ってください」とそれぞれ挨拶しました。

◆書店員から絶賛のコメントが沢山集まっている『黒執事」、主演・プロデューサーとして向き合って、この作品は自身にとってどのような作品になりましたか?
(水嶋さん)今まで関わった作品の中で間違いなく一番思い入れの深い作品となっています。僕も書店員さんのコメントにすべて目を通したのですが、涙が出そうなくらいうれしかったです。この調子でどんどんたくさんの人に観てもらえればと思っています。

◆剛力さんにとってどのような作品になりましたか?
(剛力さん)役柄としては初めてで、難しいことがたくさんありました。まず、男性として生きるということは考えたことなかったし原作ファンはもちろん原作を知らないファンの方々にどうやったら楽しんでいただけるのか、清玄として真っ直ぐ生きるということを決められたのは、水嶋さん演じるセバスチャンのおかげだと思っています。

◆本作で新境地とも言える演技を披露されていますが、この作品に参加して、女優としてご自身の中に変化はありましたか?
(優香さん)すごく難しかったですね。38歳の役ということで、貫禄や落ち着きを表現する必要があったので葛藤したのですが、最後まで楽しく出来たのは水嶋さんが現場を引っ張ってくれたおかげだと思っています。アクションもかっこよくて、水嶋くんがナイフ1つで動いたり、お話としても何か一つ皆さんの心に残るものがあると思いますので、目を大きくして観てください。

◆山本さんの素晴らしいアクションも好評ですが、どのようにアクションに挑まれましたか?
(山本さん)(水嶋さんのアクションシーンを事前に見させて頂き)私はもともと原作ファンで水嶋さんが思い描いていたセバスチャン像がそのままだったので、私もその衝撃を与えられるのかと思い、そのアクションを見た時に泣いてしまいました。2ケ月前から練習していて最初はマット運動すら出来なかったのですが、なんとか練習して仕上がったので皆さん観てくれたら嬉しいです。

◆新年を迎え、今年はどのような年にしたいですか?
(水嶋さん)とにかく僕にはこの映画がヒットすることです。僕には『黒執事』しかありません。『黒執事』をよろしくお願いします。
(剛力さん)役を通して皆さんに色んな思いを伝えられたらと思っています。だから、まずは清玄を通して皆さんに色んな感情が届いたらいいなと思っています。
(山本さん)今年大学を卒業できたら社会人になるので、社会人としての自覚を持ちたいと思っています。
(優香さん)『黒執事』で華恵という役は自分の中で挑戦だったので、2014年も新たな挑戦をしていきたい年にしたいです。
(丸山さん)まずは『黒執事』の大ヒットです。そして、お正月におみくじを凶を引いてしまったので、大吉を引きたいです。
(大野さん)この『黒執事』の大ヒットとともに僕も大ヒットしていけたらと思います。
(栗原さん)普通に生きる、とにかく死なずに生きるということが目標です。
(伊武さん)今年は体重をキープするべきか増やして貫禄をつけるべきなのか悩んでいます…。ところで、大谷監督はこの映画を通して12kgも痩せたらしいです。!拍手!
(大谷監督)ありがとうございます。涙が出そうなくらいうれしいです。最初ぽっちゃりしていたので、山本さんにくまモンって呼ばれていました。「おはよう、くまモン!」とあいさつされて監督とすら呼ばれませんでした。一念発起して痩せて、こうしてイケメンの方々と並ぶにあたってシュッとしたいなと…今涙が出そうなくらいうれしいです。
今年の抱負はぜひ続編を撮りたいです。映画は作っただけでは完成ではなく、お客さんに届いて初めて完成だと考えています。今日ご覧になって色々な場所で広めてもらえれば続編につながるという夢があります。ぜひ応援してくださればと思っています。

◆最後に一言
(山本さん)初号を観た時に原作ファンの期待を裏切らない世界観が作り上げられていて、本当に衝撃を受けました。会社や学校や家で皆に広めていってくれたら嬉しいです。
(優香さん)見どころ満載で水嶋さんの想いがこもった映画に関われて本当に良かったと思います。水嶋さんと一緒に舞台挨拶や取材を受けていくうちにどんどん愛情が増していって、やっと多くの方に観ていただけて嬉しいです。楽しんでいってください。
(剛力さん)水嶋さんの3年ぶりの復帰作に参加できて嬉しいです。スタッフやキャストの愛やこだわりが詰まった、皆さんに自信を持って見せられる作品です。少しでも皆さんに色んな想いが伝わったらいいなと思っています。
(水嶋さん)こういう、公の場で、自分の本音を言うことを避けてきましたが、今日は自分の本当の思いを言いたいです。僕はこの勝負に勝ちたいです。共同プロデューサーとして企画の立ち上げから今まで2年半、役者としては半年の役作りと1ケ月半の撮影期間と併せて7ケ月半、本当に『黒執事』に時間を費やしてきました。映画としてもクリエイターとしても役者としても今の精一杯を詰め込んできたからこそ、僕はこの勝負に勝ちたいです。

オリジナル・サウンド・トラック発売中!

本作のオリジナル・サウンド・トラックが1月8日より発売中です!

映画『黒執事』のオリジナル・サウンド・トラック


「黒執事」オリジナル・サウンドトラック

発売日:2014年01月08日
価格:¥3,150(税込)
規格番号:WPCL-11698

同映画の音楽手がけるのは松浦晃久。
作曲、アレンジ、サウンドプロデュース、シンセサイザーオペレーションを自らこなし、10代の頃より数多くのレコーディングセッション、ライヴに参加。徳永英明、秦基博、平井堅等の男性シンガーから、 絢香、JUJU、西野カナ、miwa 等の女性シンガーの作曲、編曲、プロ デュースまで幅広く手掛ける。 打ち込み系から生のバンドサウンド、繊細なストリングスアレンジ、 オーケストラアレンジと幅広い音楽の知識と世界を持つ。 非常に幅広い彼のサウンドは、数々の作品の中で強烈な存在感を放ち、 多方面から支持されている。 また、ヴォーカルディレクションは、アーティストからの支持も厚く、 コーラスアレンジにおいては、カヴァー作品にて、スティービー・ワンダー本人から大絶賛される経験を持つ。

大人気生配信番組「よしログ」にて松橋真三プロデューサーの出演が決定!

吉本芸人が365日、日替わりでお届けするGyaO!の大人気生配信番組「よしログ」にて映画『黒執事』のプロデューサー松橋真三氏の出演が決定!
撮影の裏話やキャスティング秘話やが聞けちゃうかも?
番組で読みあげる質問を募集しているので、ハッシュタグ「#黒ログ」をつけてツィートしよう!

■番組情報
よしもと芸人が日替わりでMCを務めるライブ配信番組「よしログ」。
配信日:1月13日(月) 20:30~22:30
MC:はんにゃ
公式URL:http://gyao.yahoo.co.jp/yoshimoto/#ylogArea

yoshilog_logo_all2

【デザイン発表・第2弾!】ローソン/Loppi限定 オリジナルカレンダー 

全国のローソン・ミニストップ(Loppi設置店舗限定)で好評発売中の映画「黒執事」のオリジナルカレンダー付前売券、デザイン発表の第2弾です。
第1弾に引き続き、7月から10月にかけてのオリジナルカレンダーのデザインをご紹介致します。

news0108

映画と原作、両方のイラストがふんだんに使われたオリジナルカレンダーは、
映画「黒執事」公開を記念した限定商品です。是非、この機会をお見逃し無く!
11月以降のイラストも随時更新を致しますので、是非お楽しみに!

本商品に関して詳しくは、「ローチケ.com」か店内設置の「LoppiGOODSカタログ」をご覧ください。

■Loppi限定 オリジナルカレンダー(引換券)付前売券
・価格:2,800円(税込) ※一般前売券とセットになります。
・Loppiにてお申込み後、レジにてすぐに「前売券」が受取り可能です。
・「オリジナルカレンダー」は2014年2月18日に引換えになります。
・4月スタートのカレンダーになります。

ローチケ.com

渋谷の街を『黒執事』がジャック!

a5_kuroshitsuji_2_ol本作公開を記念した特別展「映画 黒執事の世界」を、タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」において、2014年1月18日(土)~2月2日(日)まで開催します!
また渋谷パルコPart1 7Fのコンセプチュアル・レストラン「collabo kitchen」では、店内装飾が「黒執事」一色になるほか、本作をイメージした特別メニューを1月1日(水)~31日(金)まで提供いたします!

「映画 黒執事の世界」では、作品名シーンのパネル展示や、各出演者が使用した衣装や小道具などが展示されるほか、水嶋ヒロさんからのビデオメッセージ、出演者インタビュー、ジャパンプレミアのオフィシャル映像も上映予定。
入場者の方には先着で、会場内で行う謎解きイベントの招待状をプレゼント。さらにそのイベントで謎を解いた方には、作品名シーンの写真10種の内から1枚をランダムでプレゼントします。開催期間中のタワーレコード渋谷店内では、主演の水嶋ヒロさんによる館内アナウンスも放送予定。大ヒットコミックの実写映画化となる映画『黒執事』の世界を、より身近に、より深く楽しむことができます。

また、渋谷パルコPart1 7F collabo kitchenにオープンする「映画「黒執事」×collabo kitchen」では、「黒執事」をイメージした店内装飾のなか、「セバスチャン燕尾服ガレット(税込1,480円)」や「セバスチャンお手製ミルフィーユ(税込980円)」、「葬儀屋の骨クッキー×アフォガード(税込980円)」などの特別メニューを提供予定。お食事をされた方全員にオリジナルコースターを、また先着3000名様には、映画ポストカードをプレゼント。(※無くなり次第終了)
さらに、「映画 黒執事の世界」「映画「黒執事」×collabo kitchen」の連動企画として、「映画 黒執事の世界」の半券を「映画「黒執事」×collabo kitchen」にお持ちいただいた方へセイロンティーまたはソフトドリンクをサービス(※お食事をされた方のみ)。「映画「黒執事」×collabo kitchen」でお食事をされた方に配布される特典引換券を「映画 黒執事の世界」に持参いただくと、入場時に先着で作品名シーンの写真をランダムで1枚プレゼントします!(※写真はイメージです)
menusample

【映画 黒執事の世界】
■ 開催期間: 2014年1月18日(土)~2014年2月2日(日) 11:00~21:00
■ 開催場所: タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」(渋谷区神南1-22-14)
■ 入場料: 500円(税込)※小学生以下無料
 チケットは1月10日(金)よりタワーレコード渋谷店にて発売
■ 内容:映画『黒執事』で使用した衣装・小道具の展示
・水嶋ヒロさんからのビデオメッセージ、出演者インタビュー映像、ジャパンプレミアオフィシャル映像、告知用トレーラー、映画冒頭部分の上映
・会期中に映画『黒執事』にまつわるイベントも開催予定

※入場時、チケット1枚につき1枚、会場内で行う謎解きイベントの招待状を先着でプレゼント!さらにそのイベントで謎を解いたお客様には、作品名シーンの写真10種の内から1枚をランダムで差し上げます。※数に限りがございます。無くなり次第終了とさせていただきます。
※渋谷パルコPart1 7Fコラボキッチンにオープンする「映画「黒執事」×collabo kitchen」にてお食事された方に配布される特典引換券をお持ちいただくと、入場時に先着で作品名シーンの写真をランダムで1枚差し上げます
※チケットの半券を「映画「黒執事」×collabo kitchen」にお持ちいただくと、セイロンティーまたはソフトドリンクをサービス(お食事をされた方のみ)
内容: ・映画『黒執事』名シーンのパネル展示


【映画「黒執事」×collabo kitchen】
■ 開催期間: 2014年1月1日(水)~1月31日(金) 11:00~23:30(金・土・祝前日 ~0:00)
※フード/ドリンクL.O. 22:30
■ 開催場所: 渋谷パルコPart1 7F 「collabo kitchen」(渋谷区宇田川町15-1)
■ 内容: ・特別コラボメニューの展開
1. 黒執事ブラックカリー(税込1,280円)・・・肉球マシュマロが入った辛口カレー
2. 悪魔のパスタ(税込1,380円)・・・イカスミが練りこまれた魚介パスタ
3. 幻蜂家のフォアグラパスタ(税込1,580円)・・・フォアグラ入りペペロンチーノ
4. セバスチャン燕尾服ガレット(税込1,480円)・・・ベーコンと卵のガレット バルサミコソース添え
5. セバスチャンお手製ミルフィーユ(税込980円)・・・生クリームとあんず、抹茶のミルフィーユ
6. 肉球フォンダンショコラ(税込980円)・・・チョコレートが溶け出すしっとりしたケーキ
7. 黒パフェ(税込980円)・・・コーヒーゼリーとバニラアイスのパフェ
8. 葬儀屋の骨クッキー(税込980円)・・・ジェイの好物の骨クッキー アフォガード添え
9. レッドアイ(悪魔の瞳)(税込650円)・・・ビールとトマトジュースのカクテル
10. ブルーアイ(契約の証)(税込650円)・・・ワインとブルーキュラソーのスパークリングカクテル
※フード・スイーツの価格はソフトドリンクがセットになった価格です

・黒執事一色の店内装飾

※お食事をされた方全員にオリジナルコースターを、また先着3000名様には映画ポストカードをプレゼントします(なくなり次第終了)
※タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」にて開催する「映画 黒執事の世界」の半券をお持ちいただいたお客様には、セイロンティーまたはソフトドリンクをサービス(お食事をされた方のみ)
※「映画「黒執事」×collabo kitchen」にてお食事された方に配布される特典引換券を「映画 黒執事の世界」にお持ちいただくと、入場時に先着で作品名シーンの写真をランダムで1枚差し上げます。

DECOPICに『黒執事』スタンプ&フレームが登場!

news1226スマートフォンの写真加工アプリケーション『DECOPIC』と『黒執事』がタイアップ!
スタンプ・メッセージスタンプ・フレームがセットになった、スタンプ素材パッケージが登場しました(無料)!
「御意に」「命令だ」のセリフやネコ、悪魔のタロットカードなど『黒執事』アイテムであなたの写真をデコろう!

・対応端末:iPhone/Android
・対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語、フランス語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、ロシア語
・サービス地域:全世界

 

「黒執事」初日舞台挨拶決定!

舞台挨拶付上映回のチケットは完売いたしました。
ありがとうございました。

1月18日(土)新宿ピカデリーにて、初日舞台挨拶を行います。

【初日舞台挨拶のチケット購入方法】
1月18日(土)の初日舞台挨拶は全席指定制(定員入替制)となります。
この座席指定券は、<チケットぴあ>のみの販売となります。
※お席はお選びいただけません。
※チケットの販売は、お一人様4枚までとさせていただきます。

【実施日】 2014年1月18日(土)
【会場】 新宿ピカデリー <Pコード:552-430>
【時間】 11:30の回 上映終了後/14:30の回 上映前
【登壇者(予定)】
水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、大谷健太郎監督 他
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。
【料金】 全席指定-2,000円

 

【チケット販売方法】
≪先行抽選販売「プレリザーブ」≫
■ 申込受付期間:2013年12月28日(土)11:00~2014年1月10日(金)11:00
※2014年1月2日(木) 0:00~23:59の期間、システムメンテナンスの為受付休止となります。
■ 抽選結果発表:1月10日(金)20:00 
■ 引換開始日 :1月11日(土)10:00~

● プレリザーブとは? http://t.pia.jp/guide/prereserve.html
≪先行抽選販売に関する注意事項≫ 
※チケットのお申込は、お一人様4枚までとさせていただきます。
※前売券からのお引換は出来ません。ご注意ください。
※チケット当選後の変更・払戻は出来ません。予めご了承ください。
※1月11日(土)以降にチケット引換えが可能となります。
※座席番号は、チケット券面にてご確認ください。
※プレリザーブとは、事前のお申し込みの後、チケットを購入できるサービスです。
※必ずしも優先的に良いお席をご用意するものではありません。
※お申込多数の場合は抽選にて当選者を決定します。(先着順ではありません)
※お申込は受付期間中ならいつでもOK。(メンテナンス時間をのぞく)

 


【一般販売】
1月11日(土)10:00AMより販売開始

≪一般発売に関する注意事項≫
※お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、もしくは電話予約、インターネットでお求めいただけます。
※チケットの販売はお一人様4枚までとさせていただきます。
※前売券からのお引換はいたしかねますのでご注意下さい。
※お席はお選びいただけません。

■インターネット購入
チケットぴあ http://t.pia.jp/cinema/

■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】

■電話予約
チケットぴあ音声自動応答 TEL:0570-02-9999 
※要Pコード・自動応答24時間受付
(毎週火・水 2:30〜5:30はシステムメンテナンスのため受付休止)

●チケット購入に関するお問合わせは、
TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/ までお願い致します。

 

≪その他の注意事項≫ 
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
※当日はマスコミによる取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。
※映画鑑賞の妨げになりますので、上映途中からのご入場はご遠慮ください。

 

イオンシネマ幕張新都心 初のレッドカーペットと “黒”テープカットに 水嶋ヒロ、優香、大谷監督が登場!

全国にイオンシネマ76劇場を展開するイオンエンターテイメントの新フラッグシップ劇場「イオンシネマ幕張新都心」のグランドオープン、ならびに映画の公開を記念して、昨日12月23日(月・祝)に、性格以外は完璧な執事・セバスチャンを演じる水嶋ヒロさんと、セバスチャンが仕える幻蜂家当主・清玄(剛力彩芽さん)の叔母であり、後見人として清玄をサポートする若槻華恵役を演じる優香さん、そして監督の大谷健太郎氏登壇によるレッドカーペットイベントを開催しました。

AAA1044

「イオンシネマ幕張新都心」として初のレッドカーペットイベントに集まったファンら800人の前に登場した水嶋さん、優香さん、大谷監督。吹き抜けのルーフいっぱいに響く黄色い歓声の中を、3人はゆっくりとレッドカーペットを歩き、ファン達からの握手やサインに応えました。

水嶋さんは「グランドオープンという記念すべきタイミングにお招き頂き光栄です。少しでも楽しい思い出になるように話せたらと思っています。」とコメント。

優香さんは「寒い中皆さんありがとうございます。ここに来られて私も嬉しく思っています。」と訪れた方々へ感謝の意を伝えました。

また大谷監督は「本当に暖かく迎えていただき、『黒執事』の公開を皆さん心待ちにしていただいているんだなと、本当に嬉しく思います。イオンシネマさんにこうして後押ししていただき、ヒットするんじゃないかな、と実感が湧いてきました。」とそれぞれ挨拶しました。

◆このような超大型ショッピングモールに来られての感想はいかがですか?
(優香さん) こういうショッピングモール大好きなんです。時間があったら是非色々見て、お買い物したいなと思います。

◆同劇場は10スクリーン、1549席の大型シネコン。映画を観る環境もどんどん変わりますね?
(大谷監督) そうですね。日本映画にとって“劇場”というのは、一番大事な場所なんです。そういった意味でのこの劇場での『黒執事』の成功というのは、とっても大事なことだと思っています。

◆地方キャンペーン(大阪・名古屋・福岡)に行かれたそうですが、反応はいかがでしたか? ※大谷監督は福岡のみ
(大谷監督) この映画は実は九州で撮影しているので、九州の方々は「おかえりなさい」と迎えてくれました。いよいよ人の目に触れるようになって、原作ファンの方々の反応も気になるけれど、映画を堪能していただいた実感があります。「おもてなし」映画になったなぁという気がしますね。
(水嶋さん) 普段、出演者側はあまりネガティブな感想が入ってこないんですが、今回はスタッフ側としても携わらせていただいたので、目にする責任があったのですが・・・本当に望んでいる以上に素晴らしい感想をいただけて。ネガティブな意見が今のところないと言っても過言でもないくらいで、本当に皆さんに楽しんでいただけているようです。もっとPR活動をしてこの映画を広めていければと思っています。

◆原作ファンでもある本屋の書店員からもお墨付きを頂いていて、水嶋さんのアクションや完璧な執事がカッコイイだったり優香さんの演技に対して高い評価の声が沢山あがりましたが、このような声を聞いていかがですか?
(優香さん) 嬉しいです。でも、本当に水嶋くんのアクションは素晴らしいです。アクションもそうですし、お話も本当に素晴らしい映画です。休憩する間がなくて、あっという間です。とにかく楽しんで観ていただけたらと思います。
(水嶋さん) ネタバレになるからなかなか言いづらいのですが・・・ただ、絶対に観て欲しい一心で言いたいのですが、本当に優香さんの演技がすごいです。今までに見たことのない優香さんが映っています。それだけでも見どころの一つなので、ぜひ観てください。
(大谷監督) 特に、水嶋さんが3年ぶりに復帰する作品、かつプロデューサーとしても関わっていて、本当に一緒になってこだわって作った映画です。見どころ満載で想像されている以上に満足をしていただける自信はあります。

◆各方面から絶賛の声を頂き、『黒執事』が徐々に浸透してきていますが、どのような方に観ていただきたいですか?
(水嶋さん) 大人から子供まで楽しんでいただけるように作ってきたつもりですし、絶対にそうなっている自信もあります。皆さん、お友達と、ご家族と、どなたとでも楽しめる映画になっていますので、ぜひ観てください。

最後に、イオンモールそしてイオンシネマ幕張新都心のグランドオープンと、本作の大ヒットを祈念し、“黒“テープカットを行いました。

テープカットには、イオンシネマを代表し、イオンシネマ幕張新都心 廣瀬 渉(わたる)総支配人も列席。「黒執事!」の掛け声とともに“黒”テープが切って落とされると、会場内は大きな拍手に包まれました。

【デザイン発表】ローソン/Loppi限定 オリジナルカレンダー付前売券 

現在、全国のLoppiが設置されているローソン・ミニストップでは、映画「黒執事」のオリジナルカレンダー付前売券が好評発売中です。今回は、この「オリジナルカレンダー」の表紙・4~6月分までのデザインを特別に大公開致します。

気になるデザインは、こちら!
NEWS1220
映画のシーンカットと原作イラストを使用したオリジナルカレンダーは、今しか手に入らないオリジナル!
7月以降のイラストも随時更新を致しますので、是非お楽しみに!

本商品に関して詳しくは、「ローチケ.com」か店内設置の「LoppiGOODSカタログ」をご覧ください。

■Loppi限定 オリジナルカレンダー(引換券)付前売券
・価格:2,800円(税込) ※一般前売券とセットになります。
・Loppiにてお申込み後、レジにてすぐに「前売券」が受取り可能です。
・「オリジナルカレンダー」は2014年2月18日に引換えになります。
・4月スタートのカレンダーになります。

▼ローチケ.com

水嶋ヒロ&剛力彩芽が “黒”スマスツリーと共にクリスマスプレゼントをお届け!!

公開に先駆け、昨日12月19日(木)、TOHOシネマズ六本木に、なんと“黒”いクリスマスツリーが登場!
性格以外完璧な執事セバスチャンを演じる水嶋ヒロさんと、セバスチャンの主人で男装の令嬢幻蜂清玄を演じる剛力彩芽さんによる、トークショー付きの“黒”スマス・イベント試写会を開催いたしました。

「黒執事」ことセバスチャンのアイコンとも言えるシルバーナイフで飾り付けられた、何ともミステリアスでユニークなツリーを前に、会場に集まった652人の観客の期待が高まる中、水嶋さんと剛力さんが登壇すると、会場は大きな拍手と歓声に包まれました。

★AAA0617

(水嶋さん)全国のみなさんとお時間を共有できるということで、素敵な時間にできればと思います。みんなで楽しみましょう!
(剛力さん)本当にお待たせしました。水嶋さんの映画復帰作をご一緒できてうれしいです。今日は楽しい時間にできればと思います。

◆映画について一言
(水嶋さん)(プロデューサーとしても関わり)作り手としていい作品を作りたいという一心でした。
(剛力さん)オファーされて素直に嬉しかったです。最初は男装する少女という設定を知らなかったので、男装ってどうやるんだろう?と思いましたが、ワクワクの方が大きかったです。

◆お互いの印象について
(水嶋さん)
笑顔の素敵な印象そのままで、温かい心を持った方だと感じました。
(剛力さん)最初はクールな方だと思っていましたが、会ってみると優しい方で癒される時間が流れます。スタッフの皆さんにも優しくて、お父さんのような温かくて、どっしりとした安心感がありました。ゆったりした感じが良くて、完璧と言う言葉がもったいないくらい、完璧な方だと思います。

◆街はすっかりクリスマス一色ですが、剛力さんの理想のクリスマスのデートプランは?
(剛力さん)外は寒いので、映画がいいと思います。まずは暖かいところで映画を観て、イルミネーションのきれいなところや、いろんなところに行ってみたいです。

◆本物のサンタクロースが、どんなものでもプレゼントしてくれるとしたら、何が欲しいですか?
(水嶋さん)サンタクロースに映画を観てもらって、サンタ仲間に映画を広めてもらい、そして子供のプレゼントにチラシを入れてもらいたいですね。
(剛力さん)これ以上の答えは見つからないです!水嶋さんの意見に賛同します!プレゼントは、もらえるものなら何でももらいます!

最後に、水嶋さん、剛力さんが観客の中から2名を抽選で選び、壇上で、映画をイメージした“黒”のミニクリスマスツリーを贈呈。一足早いクリスマスプレゼントに、会場は温かい拍手に包まれました。

尚、このイベントは、北海道(札幌シネマフロンティア)、愛知(TOHOシネマズ名古屋ベイシティ)、大阪(大阪ステーションシネマ)、福岡(TOHOシネマズ 天神)の計4会場をつなぐ、多元生中継を行いました。

超絶(スーパー)執事 水嶋ヒロ、大谷健太郎監督が福岡の舞台挨拶に登場!

公開に先駆け、昨日12月17日(火)、都久志会館(福岡県福岡市)において、主演の水嶋ヒロさん、監督の大谷健太郎氏、プロデューサーの松橋真三氏が登壇した舞台挨拶を開催いたしました。

★【福岡】_MG_9261_

あいにくの雨に見舞われた福岡。足元が悪い中にも関わらず、上映前は会場前に長蛇の列ができるほどの盛り上がりを見せました。そんな超満員の観客600人を前に登壇した水嶋さん、大谷健太郎監督、松橋真三プロデューサー。
水嶋さんは「上映前なので、もっと楽しんでいただけるようにお話しできればと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。大谷監督は「福岡の皆さんにもいち早く見て頂けて嬉しいです。楽しんで下さい。」と挨拶。そして松橋プロデューサーは「3年ぶりに水嶋ヒロを表舞台に引っ張り上げたのは私です。褒めてください!」と会場を盛り上げました。福岡のファンらに会えた喜びをコメントしました。

◆『黒執事』を映画にしようと思ったきっかけは?
(松橋P)プロデューサーだったら『黒執事』くらいのバリューのある作品であれば誰でも映画化したいと思います。
しかし、素晴らしい作品を作るには主人公のキャラクターと演じる役者さんがマッチすることが大切だと思うんですが、この作品の場合、とにかくセバスチャンをだれがやるか…水嶋ヒロがやるんだったらこの企画は映画になるって思ったのが一番最初のきっかけです。

◆水嶋さんは断り続けたと聞きましたが。
(松橋P)色々な手を尽くしましたが、それでもなかなか“Yes”と言ってくれませんでした。でも、何度か話をすると、彼がアイディアマンということに気づき、「企画や台本から一緒に作らないか!?」と相談してみました。

◆松橋さんの熱烈なアプローチを受けて。
(水嶋さん)純粋に必要とされる喜びがどんどん膨らんでいきました。台本を仕上げるまでに約1年半掛かったんですが、その台本が完成して、出演のオファーをいただいたときに断る理由が何もなくなっていました。松橋さんにまんまとしてやられたところもあります(笑)。

◆水嶋さんのご本名“齋藤智裕”名義でプロデューサーとしても、活躍されたとお聞きしましたが?
(松橋P)実は、最初から水嶋さんにプロデューサーをお願いすることをと決めてはいなかったんですが、一緒に台本作りをしていくのがすごく楽しくて、撮影が終わる頃に、ここまで一緒にやってきたんだから、映画作る過程を全て一緒にやらないかと提案しました。10月の完成まで編集や音楽の制作やダビングまで付き合ってもらいました。

◆大ヒットコミックの映画化について。
(大谷監督)原作に対するリスペクトがあって、自分自身がその作品にほれ込む必要があります。『黒執事』を読んだときに映画化してみたいなと思いました。今回の映画はオリジナルのストーリーになっています。でもやっぱりそこはファンの方に見ていただいて、原作と血のつながっている作品だと思ってもらえるとありがたいです。

◆セバスチャンを演じるにあたって苦労したことや楽しかったことは?
(水嶋さん)セバスチャンを演じる上で、やるべきことは無限にあると思います。彼はパーフェクトという代名詞みたいなものが付いていますから。自分がセバスチャンを演じるにあたって何をすればいいのかと考えること自体苦労しました。

◆制作者としての視点で、水嶋さんならではのこの映画の楽しみ方は?
(水嶋さん)皆、個性的なキャラクターばかりなので、そういったキャラクターを中心に観ていくのも面白いですし、エンターテインメント性にすごく富んでいるので、幅広い世代の方に響くと思います。ただ、何より大事にしていたのはこの物語は汐璃の物語なので、人間ドラマを描くことでメッセージ性のあるものにしたかったんです。個人的な思いですが、いい映画って観終わったあとに、観に来た友だちと少し会話が生まれたりする。そういう映画って一番いいなと思っていて。できればそういう映画にしたいなと。ラストシーンは特にこだわって作っています。最後まで観ていただけたら、そのラストシーンがとても意味のあるものだと伝わると思います。
(松橋P)ずっと台本をいっしょに作りながら、この映画を観た後に心にぐっと残るものを残してお客さんたちに帰ってほしいなという話をしていました。彼が一生懸命に考えてくれて、台本のかなりの部分を実際に書いています。心に残るぐっとくるセリフは、ひょっとしたら水嶋ヒロが書いたんじゃないかなと思って見ていただいて間違いないです。この作品の中には“水嶋ヒロのエキス”がつまっています。

◆最後に皆さんにメッセージをお願いします。
(松橋P)我々一同、すごい作品ができあがったと自負しております。是非楽しんでご覧下さい。
(大谷監督)とにかく、アクションはすごいです。ミステリーもあります。最後に本当に深い人間ドラマがあり、心に残るものがきっとあると思います。一人でも多くの人たちに広めてもらい、この映画を盛り上げていただきたいと思います。
(水嶋さん)松橋さんに誘っていただいてから今に至るまで、おそらく2年半、もしかしたら3年くらいは経っているのかもしれません。ずっとこの3年間は「黒執事」一色でやってきました。この映画には僕がもっている全てがつまっていると言っても過言ではないくらい、全てをこの作品に注いてきました。もしお気に召していただけたのなら、是非僕らと一緒に一丸となって、この映画をたくさんの人に広めてくださればと思います。今日はありがとうございました。

TVアニメ「黒執事」第Ⅰ期 TOKYO MXにて放送決定!

2008年10月よりMBSほかにて放送され、大好評を博したTVアニメ「黒執事」[原作:枢 やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)]。映画の公開を記念し、TVアニメシリーズの第Ⅰ期が、2014年1月2日(木)よりTOKYO MXにて放送されることが決定しました!

黒執事キービジュアル2©枢やな/スクウェアエニックス・女王の番犬・MBS

黒執事キービジュアル1©枢やな/スクウェアエニックス・女王の番犬・MBS

【作品概要】
◆Introduction
19世紀英国。“悪の貴族”と呼ばれる少年の側には、
必ず一人の“執事”がいた。
19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国。
名門貴族・ファントムハイヴ家の執事・セバスチャン。
彼は、知識・教養・品位・料理・武術…全てにおいて完璧。
わがままな12歳の主人・シエルを相手に、
今日も漆黒の燕尾服姿で華麗に執務をこなす。

上質な執事アニメで、至高なるひとときをあなたに…。

<STAFF>
原作:枢 やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
監督:篠原俊哉
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン&総作画監督:芝 美奈子
美術監督:小倉宏昌
色彩設定:歌川律子
撮影監督:木下陽方
CG監督:古川貴之
編集:後藤正浩
音楽:岩崎 琢
音響監督:小林克良
音響効果:三井友和
音響調整:山田陽
制作:A-1 Pictures

<CAST>
セバスチャン・ミカエリス:小野大輔
シエル・ファントムハイヴ:坂本真綾
バルドロイ:東地宏樹/フィニアン:梶裕貴/メイリン:加藤英美里
エリザベス:田村ゆかり/マダム・レッド:朴璐美
グレル・サトクリフ:福山潤/劉:遊佐浩二/葬儀屋:諏訪部順一
タナカ:藤村俊二 他

【放送情報】
TVアニメ「黒執事」第Ⅰ期
TOKYO MXにて2014年1月2日(木)24:00より放送開始

TVアニメ関連情報は、下記アニメ公式サイトまで
http://www.kuroshitsuji.tv/

【原作情報】
コミックス最新18巻 2014年1月18日(土)発売!(B6判/定価:本体562円+税)

【黒執事原画展~枢やなの世界~ 開催決定】
詳しくはこちら
 ⇒ 原作者・枢やな先生デビュー10周年記念初の原画展を池袋で開催!

 

超絶(スーパー)執事・水嶋ヒロ&剛力彩芽が 大阪・名古屋の舞台挨拶に登場!

本作公開に先駆け、昨夜12月16日(月)、なんばパークスシネマ(大阪市浪速区)、109シネマズ名古屋(愛知県名古屋市)において、主演の水嶋ヒロさん、ヒロインの剛力彩芽さん、プロデューサーの松橋真三氏が登壇した舞台挨拶を開催しました。

黒執事_大阪<なんばパークスシネマ>

名古屋<109シネマズ名古屋>

大阪では、上映前の舞台挨拶に集まった観客400人を前に登壇した水嶋ヒロさん、剛力彩芽さん、松橋プロデューサー。
水嶋さんはまず「皆様からこの『黒執事』が広まっていくことになるので、楽しんでいただけたらと思います。」と挨拶し、剛力さんは「自信を持ってみなさんにお見せできる作品の一つになりました。」とコメント。そして松橋プロデューサーは「3年ぶりに水嶋ヒロを表舞台に引っ張り上げたのは私です。褒めてください!」と会場を盛り上げました。
また名古屋では上映終了後の興奮冷めやらぬ観客250人を前に登壇した3人。水嶋さんは「観終わった方の前で話すのは初めてなので緊張します。よろしくお願いします。」と、また剛力さんは「作品を観たお客さんの前に立つのは初めてなのでドキドキします。皆さんの感想を聞くのが楽しみです。」とそれぞれ挨拶しました。

◆ 企画のきっかけは?
(松橋P)「黒執事」は映画のプロデューサーだったから誰でも映画化したい作品だと思うんですが、それだけではダメで、面白い作品を作るにはこの作品のキャラクターたちとピッタリのキャスティングを考えてから企画するのがプロデューサーの仕事だと思うんですね。そこで、私はセバスチャンを演じるのは水嶋ヒロしかいないと。彼がセバスチャンをやるなら「黒執事」がやれると思いました。
何度も断られましたが、手を変え品を変え、時には漫画を全巻買って送り、アニメを全部買って送り、あげくにプロットを持っていって「こんな感じはどうかな?」と話をしにいきました。彼はアイディアをすごく持っていて、一生懸命考えて答えてくれるんですよ。なので、一緒に考えようと誘い、初めて会ったのが2011年5月ですがそこからずっと二人三脚でやってきました。そのうちに、とても良い台本が出来上がったんですね。

◆ 断り続けていたなかで、出演を決めたきっかけは?
(水嶋さん)最初はハードルが高いなと思っていたのですが、1年半かけて作り上げて、ある程度ビジョンが固まってきたときに、改めてオファーをいただきまして、もうその時には断る理由は無くなっていました。スタートから良いものを作ろうと参加していた=自分が出たいと思いながら作業しているのと一緒だったので、最終的に出来上がったものを前にすると、もう首を立てに振るしかなかったですね。

◆ 水嶋さんと共演されて。
(剛力さん)もともと水嶋さんが出られるということは、私がオファーをいただいたときから知っていてので、そんな素敵な作品に参加させていただけるんだと思いました。もちろんとても人気のある原作で、プラス、キャラクターを大幅に変更しての挑戦だったので、いろんな不安はありましたが、なによりも、この素晴らしい作品を皆様にどう届けたら良いか、水嶋さんの復帰作にどう参加すればよいか考えました。実際撮影が始まると、水嶋さんはもちろん、スタッフの皆さんが熱い思いでやられていたので、もう皆さんについていけば大丈夫だなと思いました。
(水嶋さん)ちなみに、剛力さんが出演してくださると聞いたときは、松橋さんと祝杯をあげました。
(剛力さん)そうだったんですね!ありがとうございます。

◆ 剛力さんの役は男装の美少女ですが、このキャスティングは?
(松橋P)このキャラクターの持っている魅力は、永遠の少年性だと思ったんです。それってなんだろうって思った時に、それは少女が男の格好をしているってすごく面白いんじゃないかと思い、それが似合うのは剛力さんだと思って声をかけました。

◆ 出来上がった作品を観てどうでしたか?
(水嶋さん)本当に自信作だと思います。出演者側だけじゃない視点を持っていたので、今回初めて試写を観るときにこの作品を受け入れてもらえるかとか、観た人の反応ばかり気になってしまう不思議な感覚でした。

さらに、名古屋では、松橋プロデューサーから映画をご覧になった方にサプライズなコメントが!
(松橋P)ラストシーン、ぐっときませんでしたか?悪魔に対して人間とはなんぞやということを伝えたい大事なシーンなのでラストのシーンは、実は水嶋さんが考えています。
(剛力さん)私も全然知らなくて、今さっき聞いてビックリしました。どうしてもっと早く言ってくれなかったんですか(笑)
(水嶋さん)観終わった方の心に、何かメッセージを残せるエンディングをと、ずっと模索していて、出来上がったのがあのラストシーンでした。

◆ 最後に皆さんにメッセージをお願いします。
(水嶋さん)今日はありがとうございます。自分としてはプロデューサーとしても携わらせていただいたので非常に思い入れが強くて、約2年以上かけて僕の持てる以上の力を全てこの「黒執事」に注ぎこみました。もしお気に召していただけたのなら、一緒にこの作品を広めてくださればと思います。
(剛力さん)是非、ここは良かったよと周りの方に広めていただけたらと思いますし、もう一度観ていただいて、また違った目線からこの作品を観ていただけたら嬉しいです。ありがとうございました。

英国旅行やシークレットティーパーティーが当たる!セバスチャン杯開幕!!

top小映画の公開を記念して“セバスチャン杯”を開催!
勝利した皆様には英国旅行やシークレット・ティー・パーティーへのご招待など、豪華なプレゼントが当たります!スマートフォンでツイッターのアカウントをお持ちの方であれば、どなたでも簡単無料でご参加いただけます。

■ 期間:2013年12月14日(土)10時~2014年1月18日(土)23時59分
■ 賞品: 英国旅行、シークレット・ティー・パーティーへご招待、原作コミックセット、サイン入りプレスブック、オリジナルTシャツ、H.R.ヒギンス「ブルーレディ」
■ 当選者発表:1月末を予定
■ 内容:
・参加者はTwitterアカウントでログインし、チーム戦(自動選出)・個人戦に参加します。
・9時間6分ごとにスマートフォンでゲームに挑戦し、ポイントを獲得していきます。
(ボーナスタイムなどの仕掛けがあります!)
・優勝チームの1位~50位はシークレットティーパーティーへご招待!
・個人総合得点1位の方に英国旅行プレゼント!
・個人総合得点上位者には豪華プレゼントを進呈します!
・劇場からキャンペーンサイトにアクセスするとボーナスポイント&スペシャル映像が出現!
スペシャル映像は毎週土曜日に更新されます。

みんなでセバスチャン杯に参加しよう! 
(※スマートフォン限定)


▼セバスチャン杯はこちら!

JR西日本の駅ナカコンビニ「Heart・in」と「Kiosk」でキャンペーン実施中!

news1210JR西日本の駅ナカコンビニ「Heart・in」と「Kiosk」にて、12月24日(火)まで「ICOCAで黒執事キャンペーン」を実施中!期間中に、ICOCA電子マネーを300円以上ご利用頂いたレシートでご応募いただくと、水嶋ヒロサイン入りグッズや映画前売券が当たります。詳しくは、店頭・JR西日本デイリーサービスネットのホームページをご覧ください。

<対象店舗>
近畿エリアのJR西日本駅ナカ店舗(Heart・in、Kiosk等)

▼ JR西日本デイリーサービスネット

ローソン/Loppi限定 オリジナルカレンダー付前売券 発売中!

全国のローソン・ミニストップに設置のLoppiにて、オリジナルカレンダー付前売券を発売中!
オリジナルカレンダーは、映画「黒執事」のビジュアルに、原作のイラストも加えたリングタイプの横綴じカレンダーになります。
また、12月3日(火)から12月9日(月)までは、ローソン店内でしか聞けない、水嶋ヒロによる店内放送を実施中。さらに、そのBGMはガブリエル・アプリンが歌う映画の主題歌「Through the ages」です。

詳しくは、「ローチケ.com」か店内設置の「LoppiGOODSカタログ」をご覧ください。

news1203■Loppi限定 オリジナルカレンダー(引換券)付前売券
・価格:2,800円(税込) ※一般前売券とセットになります。
・Loppiにてお申込み後、レジにてすぐに「前売券」が受取り可能です。
・「オリジナルカレンダー」は2014年2月18日に引換えになります。
・4月スタートのカレンダーになります。

▼ ローチケ.com

メモパッド付き劇場前売り券第二弾 12月7日(土)から発売開始!

先着限定の特典付き前売り鑑賞券第二弾として、<命令だ。><御意に。>メモパッド付き劇場前売り券を、2013年12月7日(土)から発売開始!
このメモパッド、実際の利用シーンとしては、<命令だ。>メモ用紙に頼み事を記入して相手に渡したり、それに応える際には<御意に。>メモ用紙のほうを使用するなど、学校や職場でちょっとした“執事プレイ”を楽しむことができます!

<命令だ。><御意に。>メモパッド付き劇前売り券
news1202

劇場前売り券1枚につき1点、プレゼントいたします。 (12月7日販売開始)
¥1,300(税込)
ムビチケカード:¥1,400(税込)

※数に限りがございます。なくなり次第終了となります。
※紙券、ムビチケカードともに券面の絵柄は第一弾と変わりません。

▼販売劇場一覧はこちら

 

超絶執事 水嶋ヒロがついに登場!剛力彩芽、優香、山本美月らとレッドカーペットに降臨!!

本作公開に先駆け本日11月20日(水)、主演の水嶋ヒロさん、ヒロインの剛力彩芽さん、そして優香さん、山本美月さん、大谷健太郎監督が登壇した“完成報告レッドカーペットイベント”を開催しました。会場となったのは、『黒執事』のゴージャスでミステリアスな世界観を彷彿とさせる聖徳記念絵画館。タイトルにちなんだ黒い衣装と、ドレスに身を包んだ豪華出演陣がレッドカーペットに登場すると、本作の完成を待ちわびていた観客約1,000人の熱気は最高潮に!3年ぶりの映画復帰となる水嶋さんへは集まったファンから「おかえり!」「おめでとう!」の声が飛び交い、水嶋さんはそれにこたえるように1人1人にサインをしてファンたちと触れ合いました。

完成報告レッドカーペットイベント

3年ぶりの復帰作になる水嶋さんは「皆様に自信を持ってお見せできる作品がついに完成しました」と挨拶。役作りに関しては、「約半年間かけました。自分が思いつく限りのことはすべて行いました」と語りました。大谷監督はそんな水嶋さんについて「3年ぶりの復帰作なので大変なプレッシャーだったと思います。アクションシーンの練習は僕達が知っている分量でもすごいけど、知らないところでも努力していて本当に体を絞っていました。現場では見ていて気持ちが良かったです」とコメントしました。

それぞれの役どころについて、男装の麗人を演じた剛力さんは「男として生きている姿を見せるのに悩みました。最初は声の低さなど意識していましたが、気持ちを大事にお芝居してくれと大谷監督から言われたので、少しリラックスして演技が出来ました」、また優香さんは「実年齢より上の役なので貫禄を出すのに苦労しましたが、衣装やメイクに助けられました。スタッフ・キャストのみなさんのこの映画に懸ける想いが熱かったので、その想いに応えたいと頑張りました。」とコメント。山本さんは「私は原作ファンなので、この話をいただいて一番嬉しかったのは私だと思っています。メイド服を着てしかもアクションもあって、“メガネ”、“メイド”、“ドジッ子”、“アクション”と萌えの要素があってよかったです。おすすめのシーンはアクションシーンです。撮影当初、私はマット運動はおろか後転もできなかったのですが、2ヶ月間特訓しました」と見どころをアピールし、剛力さん、優香さん、大谷監督も「水嶋さんと山本さんのアクションは本当にすごかった」と2人のアクションを絶賛しました。また大谷監督は「運命的に役柄にそれぞれの俳優・女優人生で出会っていると思うんです。このタイミングだからできる芝居が、それぞれのキャラにハマっていて、それがリアリティに結びついたと思っています」と、各キャストがこの作品に不可欠な存在であったと語りました。
 撮影中のエピソードとして、水嶋さんは「最初の頃は(他のキャスト陣が)眩しくて、話しかけるのが失礼なんじゃないかと思って、中途半端な接し方をしていたと思います」と当時の思い出を語りました。それに対し、優香さんは「でも、現場では引っ張ってくれていて、皆でいると水嶋さんから話しかけてくれたり、クールなイメージだけど結構大笑いしている場面もあって、そういうギャップが良かったです。」とコメント。剛力さんは「オフの時は優しい、ゆったりして温かい時間が流れる一方、オンの時はいい意味での緊張感が広がるので、演じることに安心して挑めました」と答え、山本さんも「褒め上手で、何かやるたびに褒めてくれるので自信を持って演じることが出来ました」と、それぞれが現場での水嶋さんの姿を絶賛しました。

「水嶋さんのようなパーフェクトな執事がいたら、どんなことをお願いしたいですか?」という質問に対して、剛力さんは「何かお願いというよりは、一緒に遊んで欲しいし、私がずっと話すので話を聞く相手になってほしい」と回答。優香さんは「水嶋さんはいい声なので、その声で朝、起こしてほしいです」と答え、山本さんは「劇中には通常とスイーツの2つのディナーコースを清玄に用意するシーンがあるのですが、私もそのようにご飯を作って欲しいです」と希望していました。

最後に水嶋さんは「美しい映像に映し出される独特な世界観、個性的なキャラクターたち、スリリングなミステリー、本格的なアクション。2時間のうち、どこを切りとっても見どころが詰まっていると断言できるくらい豪華な作品です。年齢問わず、また、原作ファンでなくても楽しむことができるエンターテインメント作品です。ぜひ観に来てください」とファンに向けて本作への意気込みを伝え、イベントを締めくくりました。

LUMINE荻窪×『黒執事』クリスマスレセプション 謎解きキャンペーン開催!

LUMINE荻窪店にて『黒執事』クリスマスレセプション謎解きキャンペーンを開催いたします!
11月11日~12月25日までルミネ荻窪店内ショップで税込3,000円以上(合算不可)お買い上げいただいたお客様に、 謎解きキャンペーンの応募用紙をお渡しいたします。 
館内にあるキーワードを集めて、応募ボックスに投函いただくと、抽選で素敵なプレゼントが当たります。 
詳しくは、店内ポスターや各ショップ、応募用紙をご覧の上、謎解きにご参加ください! 
また、5Fレストラン街でも映画『黒執事』にちなんだメニューも登場します!

▼LUMINE荻窪

主題歌決定までの道のり

主題歌決定までの道のり

映画の撮影が終盤に至り、スタッフの間では主題歌をどうするべきか、というある程度の方針が共有されていた。作品のエンドに相応しい壮大なバラードであること、できればそれを色のついていない新しいディーバに歌ってほしい、ということ。プロデューサー陣で国内外を問わず相応しいアーティストの候補出しをしていたところ、本名名義で本作の共同プロデューサーでもある水嶋ヒロから、「ガブリエル・アプリン」が一押しで推薦された。ガブリエルは、上記のオーダーを満たす美しい歌声を持つアーティストであり、日本での人気も上昇しはじめたところだった。水嶋から「天使のような美しい歌声を持つアーティストが、悪魔が主役の映画の主題歌を歌うのは皮肉めいていて面白くありませんか?」との提案に、プロデューサー陣・監督も賛同し、正式にワーナーミュージックを通じて、イギリスに、映画のコンセプトから順に説明し、打診したところ、ガブリエルがちょうど来日するとの事。そこで松橋は、映画の世界観にふさわしい楽曲を用意し、それを歌ってもらえないかをガブリエル陣営に話してみた。ガブリエルはシンガー・ソングライターであることから、その可能性は限りなく低いと考えていたが、希望のある返事をもらうことに。楽曲を聴いてみてから判断したいとのこと。なんとか快諾してもらう為にも、極上の楽曲を提示しなくては… そんな思いから、映画の世界観を理解し、楽曲を書き下ろしてくれる人を急いで探すことに。

そこで、松橋プロデューサーには秘策があった。それは、「絢香」に作詞・作曲してもらうこと。絢香は、松橋がいつか映画の主題歌を書き下ろしてもらいたいと思っていたアーティストであった。実は、別の映画で主題歌をオファーした事もあったが、その時はスケジュールが合わず実現には至らなかった。更には、それを英詩にしてもらうことができるという確信である。ある動画投稿サイトで絢香が自身の楽曲を英語で歌っているのをよく聞いていたからだ。水嶋に相談すると、「この映画のことを企画の立ち上げ段階から知っているし、英詞にするラインもあるので、彼女なら期待に応えてくれると思います」とのこと。こうして、見事なまでに映画の世界観を表現した「Through the ages」という楽曲が誕生した。

ガブリエル陣営からも「世界に通用する楽曲である」と判断され、作詞・作曲:絢香、歌:ガブリエル・アプリンという奇跡的なコラボレーションが実現することになった。

主題歌決定!ガブリエル・アプリン「Through the ages」

news1108本作の主題歌がガブリエル・アプリンが歌う「Through the ages」に決定! ガブリエルは虹色の歌声を持つ英国出身の21歳。本作の主演であり、また共同プロデューサーでもある水嶋ヒロが大抜擢。楽曲を書き下ろし、提供したのは絢香。過去に工藤静香に楽曲を提供したことはあるが、彼女が海外のアーティストに楽曲を提供するのは今回が初となります。

★ガブリエルのコメント
『黒執事』の主題歌を歌うという依頼を受けて、とても興奮しました。私は今まで映画関係の依頼を受けたことがなかったので、外国からその依頼がくるなんて本当に驚きました。私が選ばれた、ということを光栄に思っています。主題歌に私を選んでくれて、どうもありがとう。そして、絢香!こんな素晴らしい曲が書けるなんて、すごいことだと思う。あなたの曲の歌い手に私が選ばれて光栄です。素晴らしいわ。あんな曲が書けるなんて、すごいと思う。

★絢香のコメント
ガブリエル・アプリンの歌声を初めて聴いた時、あまりの美しさに心が動かされました。そんな素晴らしい声を持つ彼女に自分の書いた曲を歌って頂けるなんて、本当に嬉しいです。『絶対素晴らしい作品にする』という皆さんの熱い想いを知っていたので、話を頂いた時にはいつも以上に気合が入りました。試写を観ましたが、あまりに素晴らしくて感激しました。この映画に携われたことを光栄に思います。

★大谷監督のコメント
絢香さんが作詞・作曲した主題歌は、本当に美しいバラードです。『黒執事』という作品の中で描かれる“聖なるもの”と“悪なるもの”、その両方の美しさを感じさせてくれるからだと思います。透き通るような歌声を持つガブリエル・アプリンが、曲のタイトル通り、そんな“時代を超えたもの”を、儚くも強く歌い上げています。映画を見終えた観客の皆さんの心に、深く染み渡っていくと思います。ぜひ劇場でお聴き下さい。

主題歌「Through the ages」を収録した『イングリッシュ・レイン』のニュー・エデションが12月4日にワーナーミュージック・ジャパンより発売されます!

▼ガブリエル・アプリンHP

 

原作者・枢やな先生デビュー10周年記念初の原画展を池袋で開催!

news11012014年1月15日(水)から22日(水)まで、「黒執事原画展~枢やなの世界~」を西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリーにて開催することが決定しました! 「黒執事」をはじめ、枢やな先生の繊細で美麗な表現は、日本のみならず世界中の人々を魅了。デビュー以来初の展覧会となる同展では、肉筆画が200点以上、デジタル導入後の作品が100点以上が展示されるほか、未公開の資料、原画も多数展示され、その圧倒的な世界観を実際に見ることができる予定です!


デビュー10周年記念「黒執事原画展~枢やなの世界~」
■ 会 場 : 西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
■ 会 期 : 2014年1月15日(水)~22日(水)
■ 開場時間 : 午前10時~午後9時 ※ご入場は閉場の30分前まで。
※2014年1月19日(日)は午後8時閉場

■主 催 : 「黒執事原画展」実行委員会
■共 催 : ㈱文化放送/㈱トラフィックプロモーション/㈱リブロ
■協 力 : 枢やな/㈱スクウェア・エニックス
■入場料   一般:700円 大学生・高校生:500円 中学生:300円 (小学生以下無料) ※「クラブ・オン」「ミレニアム」カード会員のお客さまは、カードの提示で500円(ご優待料金にてご入場いただけます。)
■お問い合わせ リブロ池袋本店 03(5949)2910(代表) 
※開催内容が変更となる場合がございます。

【展示内容】 ※展示内容が変更になる場合がございます
■黒執事コーナー・・・カラー扉やコミックの原画、原稿が200点以上展示
■枢やな先生製作室コーナー・・・先生の使用する画材やラフ画、製作過程の資料展示
■枢やな先生過去作品コーナー・・・「Rust Blaster」など枢先生の過去作品の原画展示
■限定ショップ・・・オリジナル版画やオリジナルグッズの販売


最新情報は随時、原画展公式サイトにて公開:kuroshitsuji.gengaten.com

劇場前売り券 7/20発売開始!

全国の劇場窓口でお買い求めの方、
先着限定で、クリアファイルをプレゼントします!

こちらは映画版・原作のセバスチャンを使用する条件内で、水嶋ヒロさん自らがデザイン監修をしたオリジナルクリアファイル。

片面には原作「黒執事」のセバスチャン、もう片面には水嶋ヒロさん演じる映画『黒執事』のセバスチャンが描かれています。

一般券 1,300円(税込)

 

※全国の劇場窓口でお買い求めの方、先着限定の非売品です。
※品切れになり次第、終了とさせて頂きます。
※第2弾特典付前売券発売は 今秋を予定しております。

前売り特典(映画) 前売り特典(原作)